スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガッデム!

タイトルは「エリア88」等でご存知の新谷かおる御大(御大って言葉が合うお歳になられてしまわれたんですね)の作品より。




WRC(世界ラリー選手権:World Rally Chanpionship)を舞台に描いた作品ですが、僕も学生時代、モータースポーツをかじったことがあります。




サーキットとかではなく、ジムカーナやダートトライアルが主でしたが(お金がなかったので)、結構ハードでした。




僕は体育会自動車部に属していましたが、田舎の三流私大なので、設備も人数も他の国立やら私立に比べると、かなり見劣りしてました。




でも、結構上位にからむんです。




理想は、車もそこそこ、パーツとタイヤも揃い、なおかつ走りこむ。これが、一般的な前提条件なんですが、はじめの二つはあるもので我慢するしかない。したがって、ひたすら走りこんでました。




まあ、学生の大会なのでレベルも高くないから通用しましたが、タイヤがないので解体屋からサイズだけあった全部別メーカーのタイヤを一本500円とか(実はすごいことなんです)、毎日カレーとチャーハンでガソリン代ひねりだしたとか。




今の車は頭がいいので、ドライバーが多少下手でも車がカバーしてくれます。でも、当時の車はパワー先行だったり、コーナーリング先行だったりで、バランス重視の車って少なかったんです。





最近思うのですが、車を動かすことをちゃんと理解している、もしくは頭のどこかで把握しているドライバーが少ないなあ、ということ。




速度20キロも180キロも、車体重量が1トンを越える物体を動かしているのは変わらないんですけどね(苦笑)。




学生時代、車が良くてタイムが早くても評価されませんでした。そこに人間の技術の入る余地がないからです。




便利な機械というのは、あくまで便利なだけで、使い手の技量による部分が少ないものだと思っております。そこに「習熟」という行為で技量がプラスされます。




難しい言葉を使いましたが、要は繰り返し操作に慣れて、はじめて機械はちゃんと動きます。




週はじめ、年末で危ない思いも多いかと思います。




今年もあとわずか、安全運転で。








スポンサーサイト

大スキ!

昔のCDを漁っていたら出てくる出てくる、「ありふれたラヴソング」が(笑)。しばらくタイトルネタには困らなくてすみそう。






タイトルは広末(かわいかったんだもん)のシングルナンバーから(どうせミーハーっすから)。








携帯に入れて聞きながら街を歩いてましたら、楽しそうに笑ってるカップル達に目が向いてしまいます。


この曲がはやっていた頃、僕には心惹かれた女の子がいました。



本気だったのかなんとなくだったのか、未だによくわかりません(苦笑)。



本人は20と言い張ってましたが、ふとしたことで17だな、とわかりました。スレンダーで、化粧を落としてしまうと、ほんと普通のとしかいえない女の子で、彼女は住み込みで横浜の美容室で働いていたそうですが、真偽のほどは今も謎です(苦笑)。



1ヵ月ほど付き合って、あるときからPHS(当時は携帯よりも普及してました)がつながらなくなり、自然消滅かな、と思っていました。



公衆電話から着信があったのはそれから少ししてからでした。




「ひま?」



そこの一言だけは、いつも同じフレーズ。



食事をし、一晩一緒にいました。何も深い話をしたわけではありません。ただ、他愛もない会話をしていただけなんですが、頭をなでながら「がんばりすぎた?」と聞いたら、押し付けるように顔を僕にくっつけて泣いてました。


今でも土曜日なのはよく覚えています。休日なのに営業会議で欠席できなかったんです。



一緒にいたい、という彼女をおいて僕は仕事にいきました。



もう会わないから。



駅でそういった彼女の顔は、15年以上前でもよく覚えています。



丁度、今ぐらいの時期で、やっぱりCDプレーヤーで歩きながら曲を聴いてました。










笑っているカップルも、いろんなことがあるんだろうなあ、と思いながら広末を聞いていました。







ぴったりくっつくいい季節です(笑)。よい週末を



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。