スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪眼は月輪に飛ぶ

ここをご覧頂いている方の大半には、あまり縁のないネタです。…が、書いちゃいます。だって書きたかったんだもん(前にもやったな、これ)。




タイトルは、僕がジャンプ系作家陣に少年誌で唯一対抗できる漫画家と確信している、藤田和日郎画伯(!)の、一巻読みきりコミックより。




先ほど読み終えたばかりの新刊、「黒博物館 スプリンガルド」が予想通りに面白かったので、その前に出ていた「邪眼…」をタイトルに使ってしまいました。




女性の皆さんは、なんでマンガに大の大人の男性が入れ込むのか、首をひねるかもしれませんが、やっぱりヒーロー物やロボット物で育った世代には、少年マンガ独特の流れはたまらないんです。




藤田センセのマンガって「重い」し「クサイ」し、絵柄もどちらかといえば洗練よりも写実よりも感性に走るからおどろおどろして好き嫌いが割りと激しいです。でも僕的には、「あ、息子がいたら読ませたいな」と思うマンガの五本、いーや三本には必ずはいります。




なにがいいかって、ラストシーンなんです。ちゃんと、盛り上がって、悲しみがきて、脇役にも必ず日を当てて、主人公のピンチがあり、どんでん返し的なキャラか状況を作り、最後にちょっと物悲しい、それでいて「続きは?」って聞きたくなる優しいラストシーン。ほぼ、この基本からはずれてません。




「月輪…」は、その目に見られると、見られた者が死んでしまうフクロウと人間のお話。スリラー的アクションです。間違ってもファンタジーではありません。でも、読み終えたあと、にやっと笑えるお話です。




「黒博物館…」は、機関車が走り始めたぐらいの頃のロンドンのお話。スリラー的…(以下同文・苦笑)。




是非、晩秋の読書に。
スポンサーサイト

TAKE ON ME

連夜の更新…、ちょっとテンパリ気味かも(苦笑)。

タイトルはa~haのヒット曲、アーンド某18禁コミックの表題より。


このコミック、結構売れているらしくて、最初注文したらセブン&アイで売り切れだったんです。
中身はひたすらエッチな話なだけなんですけど、けっこう笑えるし、ちょっとだけ切なくなります。


最初に漫画を読んだのは小1ぐらいだと思います。父はジャンプ、サンデー、マガジン、チャンピオン、少年ビックコミックを必ず本屋に実家の事務所に届けさせていました。おかげで満喫通いに抵抗のない大人になってしまいましたが(苦笑)、国語と日本史、政経は勉強せずとも7以下は中高6年でありませんでした。まあ、ほかは文字通り全滅なのですが(笑)。

幸か不幸か、「バカ姉ちゃんズ」のHはこちらの方面に走ってしまい、日々ブラバンの練習とともに、腐女子になる修練も怠りない様子です(その半分も勉強してくれたら…)。

そのHを見ていて気づきましたが、やはり今の子は情報に対して疑うということがあまりできないのですね。基準はわかりやすいか、面白いか、きれいか、その3点ぐらい。

マンガのフィクションにも、やはり現実の理屈や現象が加味されるから本物のように読めるし、感情移入もできるのだと思っていましたが、今は少し違うみたいですね。エンターテイメント的(あくまで「的」)な面白さがあればいいようです。

某政党幹事長は文化であると言い切ってますが、僕も同意見です。でも子供たちに、いろんな知識や経験に裏付けられた想像力があるから文化は理解できる、なんて小難しい理屈並べても理解しづらいのでしょうね(苦笑)。まあ、僕自身、文化なんてものは声高にアピールするもんじゃないとは思ってますが。人それぞれの文化ですから。




ちなみに、右にウィジェットで出てくる本たちは、新刊以外最低10回以上は読み返しています。
「黒さーぶ」を理解するための一助にしていただければと思います(なーんてね)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。